旭川市の訪問診療専門、あおぞらクリニックです。訪問診療に10年以上の実績。在宅医療、在宅療養、訪問医療、訪問診療、お気軽にご相談ください。

よくあるご質問

Q 訪問診療とは、どのようなものですか?


  • 医師が計画的に患者さんのご自宅を訪問し、診療、治療、薬の処方、及び療養上のアドバイス等をさせていただきます。ご自宅に居ながら医療が受けられるので、これまで大変な思いをして病院へ通院している患者さんにとっては、負担の軽減になるでしょう。

Q どの様な人が訪問診療を利用するものですか?


  • 年齢、性別、疾患、程度を問わずに診療させて頂きます。
    ご自宅での療養を強く希望される方
    病院への通院が困難な方
    寝たきりの方、または寝たきりに準じる状態の方
    ご高齢の方、がんなどの治療をご自宅で行っている方
    退院後、ご自宅で療養生活を送られる方
    ご自宅での在宅酸素やカテーテルなどの医療管理が必要な方
    ご自宅で緩和ケアをご希望の方

Q 今まで使ってきた薬も継続して処方してくれますか?


  • これまでご使用になられていた薬も必要に応じて、処方します。訪問時に処方し、基本的にお近くの薬局より配達いたします。

Q 訪問診療を受けるのに保険はききますか?


  • 訪問診療は、健康保健が適応されます。具体的な費用は、それぞれお持ちの保険の種類により 費用負担が異なりますので、お問い合わせ下さい。

Q 訪問診療を申し込むにはどうしたらいいですか?


  • 訪問診療は当院まで、電話でお気軽にご相談ください。

Q どの様なスケジュール(頻度)で訪問してくれますか?


  • 患者さんの状態に応じて、訪問のスケジュールを立てます。病状が安定している場合は、月2回程度が一般的です。在宅での緩和ケア、看取りをご希望される場合は、症状に応じ頻回訪問を行います。

Q 定期訪問日以外で具合が悪くなった場合、どの様な対応をとってくれますか?


  • 緊急時はクリニックあるいは担当医に電話をいただき、病状に応じて適切な対応をとらせていただきます。電話で解決できる場合は、電話で指示を致します。往診が必要なときは、臨時で往診いたします。また、診察を行った上で入院が必要と判断した場合には紹介元、もしくは連携先の病院と連絡をとります。

Q 自宅での緩和ケア、看取りは可能でしょうか?


  • 可能です。住み慣れた自宅で、尊厳のある穏やかな最期を迎えたいという方には、在宅緩和ケアという選択肢があります。当院では、ご本人、及びご家族の希望により、ご自宅での在宅緩和ケアをお引き受けいたします。

Q 訪問日の指定はできないのですか?


  • 訪問日は、ご相談のうえ決定いたします。訪問は基本的には同じ曜日となります。いつも大体同じくらいの時間にうかがいますが、急患対応や交通事情などにより大幅に遅れることが予想される場合には、お電話を差し上げております。

Q なぜ月曜日は休診なのですか?


  • 当院の場合訪問診療は同じ曜日に定期的に訪問するようにしています。この方法は安定的に訪問診療を提供するのに最良です。ところが、現在日本の祝日は月曜日が多くなるような制度になっていますので、月曜日に訪問診療を行うと却って医療の供給が不安定になってしまいます(連携する各事業所やスタッフの多くも祝日は休みなのです)。そのため、月曜日を予備日として基本的に休診日にしています。ただし、訪問診療で定期的に診察している患者さんの具合が急に悪くなった際には、月曜日でも往診いたしますので、ご安心ください。

Q 緊急時にはどうすればよいですか?


  • 定期訪問している方で急に具合が悪くなった場合は、クリニックあるいは予めお伝えする緊急用電話番号にご連絡下さい。必要に応じて往診をいたします。

Q 病院の車が自宅の前に止まっていると、ご近所さんがやたらと心配します


  • ご心配には及びません。そのようなことに備えて、あおぞらクリニックの車両にはクリニックの名前やロゴなど、医療機関の車だと分かるようなものは一切ついていません。これは開院当初から徹底して続けてさせていただいている配慮です。そのうえ、私服でうかがいますので目立ちません。

Q お薬は持ってきてもらえるのですか?


  • 当院は院外処方となっておりまして、基本的にお近くの薬局に配達してもらっています。処方箋は基本的に薬局まで当院が責任をもってお届けしています。通院が困難な方のところに訪問診療をしているのですから、処方箋を患者さんのお手元に置いて立ち去るのでは片手落ちというのが、当院の考えです。配達の場合は別途料金がかかると聞きますが、旭川市内の場合配達料をいただいていない薬局も多いようです。配達料についても、ざっくばらんにご相談ください。

Q 診療費の支払いはどうしたらいいですか?


  • 診療費は、月単位でのお支払いとなります。請求書を翌月にお持ちしますので、訪問した際に直接お支払いください。

Q 初めての依頼ですが、緊急往診してくれますか?


  • 初めてのご依頼が緊急往診の場合(発熱、胸痛、腹痛など)、普段の状態や治療経過、内服薬の把握などを一からしていかなければならないために、当院をかかりつけにしている患者さんの往診に比べて、実に多くの時間を要します。そのため、より速やかで安全に診断および治療をお受けできるように、かかりつけ医や救急指定病院の受診をお願いしております。

Q 主治医意見書の作成のためにいちどだけ往診してくれますか?


  • 訪問診療と同様、おおむねクリニックから車で30分以内の範囲にお住いの患者さんには、いちど限りでも主治医意見書作成のための往診を承っています。その際、診察料に加えて別途交通費を申し受けますが、その点ご理解いただければ対応可能です。

Q 定期的に病院にも通院できますか?


  • 在宅医療を開始した後にも、今までかかっていた先生にときどき受診されたい方もいらっしゃると思います。専門的なことは今までの主治医の先生に、家でのことは私たちにという病診連携も積極的に取り組んでおりますので、継続して通院することもできます。

Q 再度入院が必要になったときはもとの病院に入院できますか?


  • 在宅医療を開始した後も、患者さんのご病状やご家族のご都合により、在宅医療の継続が困難になることがありますが、そのような場合、病院や施設に入院、入所をご依頼いたします。原則的には、以前受診されていた病院に依頼いたしますが、病態や病院の空床状況などにより、ご希望の病院に入院できないことがあることをご了承くださいますようお願いいたします。

Q 約束の時間に先生が来ません


  • なるべく予定日の毎回同じくらいの時間におうかがいしておりますが、急患対応や交通事情などにより遅れることがありますのでご了承ください。前後30分ほどを目安としてください。大幅に遅れることが予想される場合には、お電話を差し上げております。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional